2020年10月2日新規開院!!
尼崎市立花駅南出口より徒歩2分



小児科専門医・アレルギー専門医

森下小児科アレルギー科



は、あなたとあなたの家族のためのクリニックを目指しています。
具体的には・・・


2020年10月2日新規開院!!

小児科専門医・アレルギー専門医
森下小児科アレルギー科


尼崎市立花駅南出口より徒歩2分
あなたとあなたの家族のための
クリニックを目指しています。

小児科・アレルギー科

土曜午前は 9:30~12:00
 土曜午後は 13:00~16:00


予防接種・健診

【お知らせ】
20.10.9
インフルエンザワクチン開始いたしました。インターネットから予約いただけます。詳細はこちらをご覧ください
20.10. 2
新規開院しました!よろしくお願いいたします。

友だち追加

【小児科・アレルギー科】

土曜午前は 9:30~12:00
土曜午後は 13:00~16:00


【予防接種・健診】


【その症状、このまま様子を見てよいのか心配ではありませんか?】


【以下のようなご不安が一つでもある方は、自分だけで悩まず、一度森下小児科アレルギー科にご相談ください】

お子さんのつらそうな症状、ご心配な点はありませんか?


  • あなたのお子さんの熱、どうしてあげるのがいいか悩んでいませんか?
  • あなたのお子さんのしんどそうな咳、心配ではありませんか?
  • ちいさなお子さんの鼻水、そのままでいいのか悩んでいませんか?
  • つらそうな嘔吐、いつまで続くか不安ではありませんか?
  • しんどそうで水分を取らない、どうすればいいか困っていませんか?
  • お腹や頭や耳、のどなどの痛み、やわらげてあげたくありませんか?

お子さんの繰り返し続く症状、ご不安ではありませんか?


  • 長引く咳や時に起こるゼーゼー、喘息ではないか悩んでいませんか?
  • 赤ちゃんのお肌のかさかさ、繰り返すブツブツ、かゆみ、今の対応でいいのか迷っていませんか?
  • 鼻水やくしゃみ、鼻づまり、風邪なのか花粉症を含むアレルギーなのか、困っていませんか?
  • 蕁麻疹やブツブツや嘔吐、食物アレルギーではないかご心配ではありませんか?
  • 入学や入園前、今まで避けていた食べ物の問題を悩んでいませんか?

お子さんのちょっとした気になる症状や予防接種、日常のことで小児科にかかっていいのか悩んでいませんか?


  • 予防接種のスケジュール、どうしたらいいか悩んでいませんか?
  • 離乳食の進め方、食物アレルギーが心配ではありませんか?
  • この症状は皮膚科、耳鼻科、泌尿器科、眼科、何科を受診すればいいか困っていませんか?
  • ちょっとした症状、この程度で小児科に行っていいのか悩んでいませんか?
  • ワクチン以外の予防医療で小児科医が自分の子供のために行った医療を知りたくありませんか?

その悩み事全て、森下小児科アレルギー科にご相談ください!

不安ですよね。
辛いですよね。

しかし、その症状そのままにしていませんか?
症状が軽いからといって放っておくといつまで経っても良くなりません。

一度小児科疾患、アレルギー疾患の専門医の診察を受けてみませんか?

あなたが悩んでおられる「お子さんの症状や日常の悩み」を相談していただき、ご家族が安心して日常を過ごせるサポートをする小児科でありたいと思っております。

小児科専門医、アレルギー専門医としての臨床経験(クリニック、地域の総合病院小児科、大学病院、こども病院免疫アレルギー科、など)を活かし、 一人一人の患者さんに合った診断と治療方針を一緒に作り上げ、わかり易く丁寧な説明を行います。

安心できるよう丁寧な対応を行います!




当サイトをご訪問いただき
誠にありがとうございます。




「ご挨拶」
このたびは当ホームページをご覧いただきありがとうございます。
私の医師としての原点、初期研修医時代を過ごした尼崎にて、小児科アレルギー科を 開業させていただきます、森下英明と申します。

自分と家族が安心して日常を過ごせることって、とても大切なことですよね。
熱が出た、咳が続く、ぶつぶつが出た。アレルギーが心配だけれども離乳食を進めても大丈夫か、アレルギーを予防できる方法はないか。
子供やご自身の体調の変化や健康に関することは、大きなことから小さなものまで、日常に様々な影響が出ます。
状態評価をしっかり行い、どうすれば良いか一緒に道筋を作るサポートを、専門家として行いたいと思っております。

【 私が小児科医を目指した理由 】

「小児科にも色々な専門科がある」
医学生の頃、病院実習で私が選んだコースには、静岡県立こども病院が組み込まれていました。
3週間日替わりで、循環器内科・心臓血管外科・循環器集中治療室・新生児科(NICU・GCU)・免疫アレルギー科・腎臓内科・血液腫瘍科・神経科・内分泌代謝科などで実習を行いました。
小児科は、基本的に科目としては小児科でひとまとめにされますが、実臨床の中ではかなりの専門分類がされていることに感銘を受けました。
選択実習期間で更に4週間追加し、小児集中治療科・遺伝染色体科・小児外科・麻酔科・形成外科・発達小児科・リハビリテーション科などで実習を行い、小児科に一気に惹き込まれました。
地元兵庫県のこども病院にも魅力を感じ、初期研修(当時の県立尼崎病院)の選択期間で、兵庫県立こども病院救急総合診療科・血液腫瘍内科を3ヶ月研修させていただき、そこで小児科医になることに決めました。
それまでずっと兵庫大阪京都と関西で生まれ育ち過ごし、兵庫県立こども病院とも迷いましたが、小児科を目指した原点である静岡で小児科後期研修を行うことを決意しました。

【 アレルギーを専門にした理由 】

兵庫県立塚口病院小児科(当時)での初期研修中、自分自身のアレルギーに本格的に興味を持ちました。
自分でもうすうす感じていたハウスダストアレルギーによる症状への対応をしっかり学び、またえび・いか・たこ摂取時の嘔吐・口腔症状が蕁麻疹がなくとも食物アレルギーであり、風呂上がりに時に出る蕁麻疹がコリン性蕁麻疹であることも徐々に判明しました。
日々微妙に悩んでいたことが、アレルギーで説明出来て、ちょっとした不便を受け入れなくても、より良い管理が出来る、アレルギーとうまく付き合うことでより良い日常を過ごせる ことに医師になってから改めて気づきました。
少しでも多くの人にそれを知ってもらい、実践したいと思い、小児科の中でもアレルギーを専門にすることに決めました。
また、一番は、自分に子どもが産まれ、乳児期の肌の様子や離乳食の進め方が気になった事です。
アレルギーについて、現代医学で分かっていること、分かっていないことが多数ある中で、適切に情報源を選ばなければ、誤った加療をしてしまいます。
ネット上、テレビや書籍などにも、根拠のない情報が蔓延していますが、現代医学で分かる限りの西洋医学的アプローチを実践していくことにしました。
同じ診断、同じアレルギーでも、個人の重症度や治療反応、日常生活は一人ひとり異なります。
自分や自分の子供に合った治療方法、日常生活の工夫を一緒に見出していきましょう。

【経歴】
京都大学医学部医学科卒業
兵庫県立尼崎病院(現尼崎総合医療センター) 初期研修医
(県立塚口病院小児科・産婦人科、県立柏原病院小児科、県立こども病院救急総合診療科などで選択研修、必須研修)
京都大学医学部付属病院 小児科専攻医
静岡県立こども病院 後期研修医(救急総合診療科のほか、各科ローテート)
静岡県立こども病院 免疫アレルギー科
市立岸和田市民病院 小児科
その後(大東こども診療所、伊丹たかの小児科、公文病院などで)クリニック研修、内科研修などを行い、
森下小児科アレルギー科開院

【資格】
日本小児科学会認定 小児科専門医・指導医
日本アレルギー学会 アレルギー専門医
免疫療法薬登録医
エピペン処方登録医

【院長はこんな人です】

名前:森下 英明(もりした ひであき)
血液型:B型
誕生日:4月 星座:牡羊座

趣味:子どもとお出かけ(公園、動物園、プール、スケート、USJ、読書(漫画、科学哲学関連本、多重推理系小説)

好きな食べ物:中華料理 (特にラーメン、麻婆豆腐)
好きな果物:桃、梨
好きなお菓子:アイス、ポテチ、柿の種
好きな科目:数学、倫理
好きな漫画:ドラゴンボール、ワンピース、ドラゴン桜の作者本

好きな場所 : 図書館、本屋、家電屋、百均、水族館、スーパー銭湯

最近かなり嬉しかったこと : 子供がお手伝いによる小遣い制を希望した理由がパパに誕生日プレゼントを買うためだったこと

最近子供としている遊び:おうち遊園地、マリオカート、ポケモンGO、リングフィットアドベンチャー


当院の理念



安心な暮らしをサポート ・・・・・

お子様とご家族が安心して暮らせるように、病気・予防・健康・子育てあらゆることで日常をサポートできるクリニックを目指しています。


今と未来の両方を考えます ・・・・・

今の症状に対して出来る事と、アレルギーを治すためなど将来に向け今から出来る事も意識して診療しています。お子様とご家族の日常に見合った方法を一緒に見つけていきたく思っております。


個人に合った治療方法を ・・・・・

日常の症状・困りごとに対し、適切な複数の治療選択肢の中から、各個人の生活に応じた治療方法を一緒に見出していくクリニックを目指しています。


 

家族が安心して日常を過ごせることって、
とても大切なことですよね


お子さんに合った治療方法、日常生活の工夫を一緒に見出していきましょう。

 


診療内容





①小児科

熱、咳、ゼーゼー、鼻水、嘔吐、下痢、ぐったり、痛み ( 頭、お腹、のど、耳、関節、フシブシほか )、かゆみ、ブツブツ、カサカサ、脱水、便秘、おねしょ、体重増加不良、低身長、夜寝れないなどなど



②アレルギー科

喘息、ゼーゼー、長引く咳、夜や明け方の咳、アトピー、繰り返すブツブツ、カサカサ、あかみ、かゆみ、花粉症、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、ダニ・ハウスダスト・犬・猫アレルギー、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、舌下免疫療法、免疫療法、蕁麻疹、食物アレルギー、離乳食、卵牛乳小麦アレルギー、口腔アレルギー症候群、食物負荷試験、アナフィラキシ―、エピペン、薬物アレルギー、アレルギー検査(血液検査、皮膚テスト他)、呼吸機能検査、呼気 No 検査など、学校へのアレルギー文書の提出もお任せください



③皮膚疾患

ぶつぶつ、あかみ、かさかさ、乾燥肌、かぶれ、かゆみ、湿疹、じんましん、虫刺され、あせも、手荒れ、肌荒れ、にきび、青あざ、茶あざ、腫れ、水イボ、とびひ



④予防接種、検診、子育て

ワクチンスケジュール作成、定期接種、任意接種、アレルギー患者さんのワクチン接種、入園前検診、予防医療、子育て、離乳食。
小児科医が自分の子供のために行った予防医療もお伝えいたします。

不安な状態を早く無くしましょう!


お子さんの病気を早く治し、安心して家族全員笑顔の生活を取り戻しませんか?

 


当院の特徴


小児科専門医・アレルギー専門医による診療 子供の症状やアレルギー疾患(アトピー、喘息、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎、花粉症、蕁麻疹など)予防、健康、 子育ては、小児科・アレルギー科の専門研鑽を積んだ当院にお任せください。
ワクチンに力を入れております クリニックにて感染症をうつされたくない、というのは当然のお考えだと思います。当院では、開院日すべてに、予防接種・検診専用時間を設けております。土曜日にもありますので、ご活用ください。一般診療の時間帯でも接種可能です。
ワクチン複数同時接種行っております。

卵アレルギー患者さんのMRワクチン、インフルエンザワクチンなどアレルギー患者さんのワクチンもご相談ください。保護者の方のワクチンもお子さんと一緒に接種いたします。妊婦・授乳婦の方のインフルエンザワクチンも接種しております。

西宮市・伊丹市・宝塚市・芦屋市・三田市・川西氏・猪名川町の方も、市での手続きは必要ですが、定期接種はすべて当院で無料で受けられます。
感染対策も力を入れます 隔離室を用意します。
感染疾患が疑われるときと、ワクチンやアレルギーなど非感染では、診察室の入り口だけではなく、中待合も別々に設けます。
WEB予約やWEB問診などITを活用し、院内待ち時間を少なくする工夫を行います。
土曜日午後も診療 土曜日の午後は16時まで一般診療しております。またワクチン接種も15時まで行っておりますのでご活用ください。
保護者診察、成人診察 家族で同様の症状・ワクチン・アレルギー(舌下免疫療法など)で、子供と保護者で二か所受診せずに済むように、対応出来る疾患は当院で診察も可能です。必要時は3階のめぐみ内科・糖尿病内科やそのほかの病院と連携予定です。

アレルギー疾患に関しては、成人単独での受診も可能です。COPDや好酸球性疾患合併などは、専門家に紹介いたします。
予防医療にも力を入れております 代表はワクチンですが、それ以外にも多数あります。 妊娠前、新生児期~乳児早期、乳児期後期の事故予防、2歳にかけて、それ以降など、色々な段階があります。根拠の比較的高いものやある程度あるものを意識しておりますが、逆に世の中で言われているけれども明確な根拠はないものもありますので、現状で分かっているレベルもあわせてお伝えします。
私が自分の子供たちのために実際に行った予防医療、も是非お聞きください。

森下小児科アレルギー科


「ちょっとした症状でも、来てください。その小さな症状が病気のサインかもしれません。」

 


アクセス


住所

〒660-0052
尼崎市七松町1丁目9-2 2階
06-6415-8725
インターネット予約はこちらから


【駐車場について】
連携の駐車場(フェスタ立花南館駐車場)が有ります。
駐車券1時間券をお渡しいたします。

駐輪場は当院前、フェスタ立花外周に多数あります。

JR立花駅より徒歩2分! 
フェスタ立花南館の南向かい
関西スーパーさんすぐ



JR立花駅より徒歩2分! フェスタ立花南館の南向かい 関西スーパーさんすぐ

森下小児科アレルギー科